301リダイレクトは「Simple 301 Redirects」か「Redirection」どっちがいい?両方使ってみた

301リダイレクトを設定するは簡単・便利なプラグインを使いますが

301リダイレクトのプラグインは何があるかと検索してみると
「Simple 301 Redirects」と「Redirection」の2つのプラグインがよく使われているようです。

元々「Redirection」を使っていたのですが、
バージョンが古いWordPressでは「Redirection」が使えなかったので「Simple 301 Redirects」を使うことになりました。

両方使ってみて違いがわかったのでそれぞれ比較したいと思います。

先に言うと今後も「Redirection」を使っていくだろうな、
という結論に至ったので、その理由も含め説明していきまーす。

個人的には「Redirection」

究極、どっちでもいいちゃいいのですが、大きく違うところは機能がたくさんあるかないか、です。

リダイレクト機能のみのシンプルなプラグインは「Simple 301 Redirects」。

リダイレクト機能に加えて、

  • ログやエラーが確認できる。
  • リダイレクトの履歴が見れる。
  • 一括リダイレクトができる。

このような機能が充実しているプラグインは「Redirection」。

あらかじめ様々な機能がついている「Redirection」に慣れておけば

「Simple 301 Redirects」の機能は「Redirection」とかぶっているので使うことになっても、ハードルは高くないから。という理由です。

「Redirection」と「Simple 301 Redirects」、どっちもちゃんとリダイレクトしてくれるのでリダイレクト自体の機能の問題ないです。

学習コスト、というほどでもないですが、

難しい方に慣れておけば簡単な方はいつでも使えるよー!が主な理由ですね!

リダイレクト機能のみでいいなら「Simple 301 Redirects」

シンプルイズザベスト。なプラグインがよかったら「Simple 301 Redirects」。

先ほど書いた「Redirection」と反して「Simple 301 Redirects」は本当にリダイレクト機能のみ。

操作もシンプルなので使い方のブログを見ながら操作を確認して…
なんてことも、設定で迷うこともないです。

難しい操作が苦手な方にも直感で使えるのでシンプルなプラグインがいい方は「Simple 301 Redirects」をどうぞ。

WordPressが古いバージョンで使えないなら「Simple 301 Redirects」

古いバージョンのWordPressを何らかの理由で更新できず(クライアントの意向とか)、そのまま古いバージョンのまま使わないといけない場合は「Simple 301 Redirects」が使えるのでこちらを。

「Redirection」はWordPressが古いバージョンでの互換性がなく、使用できないので代替として使えます。

最新バージョンが5.3の時に、使われているWordPressのバージョンが4.5で使用することができました。

WordPressのバージョンは最新にした方がいいのでかなり特例かと思いますが。

バージョン問題で使えない場合は「Simple 301 Redirects」を使いましょう。

まとめ

大量のリダイレクトが必要だったり、リダイレクトのログが見たかったりする人や、WordPressを作る人は「Redirection」。

WordPressでブログをやっていて1ページ単位の小規模なリダイレクトでいい場合は「Simple 301 Redirects」。

を選んでおけばOK牧場です!