セブ島の女一人旅は危険?治安は?海外で注意すること!

日本からの直行便が出ており時差が-1時間、年中温暖な人気海外旅行地であるセブ島。2017年夏にセブ島へひとり旅へ行ってきたので、今回はセブ島の治安について書いていきたいと思います!

私と同じように女性一人で行かれる方、女友達と行かれる方、その他これからはじめてセブ島に行かれる方は一読して素敵な旅行にしてもらいたいと思います。

外務省によるフィリピンの治安

旅行を予約した後、プランを立てるためにセブ島やフィリピン情報を調べていると、ネットなどで「あまり治安は良くないようだ」と知りました(遅)

外務省では「海外安全ホームページ」という各国へ渡航される方に向けた海外安全情報を公開しています。

MEMO
海外旅行へ行く予定の方は事前にこちらのホームページで渡航先の情報を入手しておくと安心です!

ホームページから実際にフィリピンの安全情報を確認してみましょう。

フィリピン

2017年8月情報(ミンダナオ島)

フィリピン各島にレベル1、場所によってはレベル2とレベル3のエリアがありますね。

2017年5月にはレベル3のミンダナオ島にこのような注意喚起が掲載されていました。

フィリピン:ミンダナオ地域に対する戒厳令の発出に伴う注意喚起 2017年05月24日 (ポイント)
●ミンダナオ地域に戒厳令が発出されました。同地域に関する最新情報の入手に努めてください。
●現在の情勢に伴うテロが発生する可能性も排除されませんので,引き続き十分注意してください。  

(引用:外務省 海外安全ホームページ より)

フィリピンのミンダナオ島でテロ発生の可能性があると注意喚起が発表されています 。

外務省海外安全ホームページの危険地図によると「レベル3:渡航はやめてください」行ってはダメな島です。

ミンダナオ島はセブ島の約100キロ南にある島で、地図を見ると結構近いです。同じ陸続きではないですが島と島同士が物理的に近く感じます。

2018年6月情報(ミンダナオ島)

2018年6月にお盆休みの旅行を計画されている方もいらっしゃるかと思い、外務省のサイトをみてみました。

2018年6月に調べてみると、まだミンダナオ島は「レベル3:渡航はやめてください」となっておりました。

しかし、2017年10月にイスラム国から解放されたというニュースを見たので、去年より状況は悪くないのでは、と思いました。

2019年11月情報(ミンダナオ島)

さらに1年後、確認してみるとまだレベル3でした。
ただ、以前確認した時よりレベル3の範囲は狭まっています。

どうやら数年テロ等が発生していないためレベル1に引き下げたそうです。

セブ島は?

では外務省海外安全ホームページの危険地図でセブ島はどうかと言うと、「レベル1:十分注意してください」です。

ちなみに日本は注意喚起はありません。

実際にセブ島に行って治安はどうだったか?

無事、日本に帰ってこうやってブログを書けているわけですが
実際に行って治安に関して一言で言うと・・・

すごく治安が悪い印象はありませんでしたが「治安はあまり良くなかった」と思います。

警察やセキュリティは腰に拳銃を装備しています。空港には夜到着して、タクシーでセブシティエリアのホテルへ向かったのですが、移動中に外を見ると、思ったより貧困なんだな、と感じる街の風景を見ました。

観光エリアや中心部に行けば昼間は問題ないので、歩いて散歩できますが、夜一人で歩くことは避けたほうがいいです。

気をつけるポイント

海外旅行で被害に合う犯罪は主に「スリ、置引き、窃盗、強盗」です

これらに合わないために、

1:観光客ということを、なるべくわからないようにすること!
2:パスポートや大金、貴重品を持ち歩かないこと!

そのために、

  • 高級ブランドバッグや財布は持って行かない!
  • バッグはチャック付きなど口が閉まるもの!
  • バッグは前側にもって歩く!
  • お尻のポケットにスマホや財布を入れない!
  • 手にスマホや高価な物を持ったまま歩かない!
  • おしゃれすぎる格好はあまりよろしくない!
  • 安っぽい服やバッグ、財布で!

このように犯人に狙われない行動をとるようにしましょう!

おしゃれな格好をしていくと観光客とすぐにわかりますよ〜
アヤラショッピングセンターでおしゃれな格好をした若い女の子数人と何回かすれ違ったのですが
日本人ぽいな〜、または韓国人か中国人の観光客ぽいな〜とすぐにわかります。

見た目でバレバレですね。

なので私は海外旅行(東南アジアなど)Tシャツと短パン、ビーサンで近所のコンビニに行くような格好で出かけます。

服装は客観的に見て現地の人に紛れるような見た目を意識しました。(顔はめちゃくちゃ日本人だけど)

また、

食事中や買い物中はバッグや食べ物にから目を話さない

日本では混んでいるフードコートに普通にバッグを置いて場所取りしますよね。

海外はすぐに持っていかれますので荷物を置いておかないようにしましょう。

目を離した隙に食べ物や飲み物に睡眠薬を入れて誘拐・・・なんてこともあり得ますので食べ物や飲み物から目を離さないようにしましょう

もし!万が一トラブルに巻き込まれたとしても

パスポートや大金、貴重品を持っていなければ盗られることはないですからね。お金を要求されたら持っているお金を渡してしまいましょう!反抗して相手を怒らせたりしないように!

最後に

他にレベル1の国(ラオスやインドネシア)で海外旅行をしていますが危険な目にあったことは一度もありません。

私にとって今回のセブ島は15回目くらいの海外旅行でした。

今までアジアやヨーロッパ中心に海外旅行へ行っていますが、この記事に書いたことはほぼ毎回、現地のガイドさんに気をつけろと言われてきたことがばかりです。

セブ島だけではなく、世界のどの国へ行く時にも最低限気をつけるべきことです。

気をつけて!気をつけて!とネガティブなことばかり書いていますが、必要最低限守っていれば、なんら危険な目に会うことはそんなにありません。

ガチガチに気を使っていては楽しいはずの旅行もただ疲れて終わってしまいますので、犯人に狙われない対策をしっかりして海外旅行を楽しみましょう!

行かれる方は是非楽しんで下さいね!

もし、迷っている方がいれば絶対オススメなので、是非とも楽しんで行ってきてください!

(何か不安なことがあったらブログの問い合わせフォームやTwitterで質問して下さいね!@maisenlog