【社会人10年経験者のアドバイス】社会人1年目から意識した方がいいこと

私は今年で33才になるんですが、今のところ順調に生きやすい人生を送っていると思っています。

20代から自営業で働いていることもあってか、サラリーマン的考えに疑問を持っており、いわゆる普通の人生とは異なる道を歩んできました。

本を読んだり、人から話を聞いたりして、自分なりに勉強して考えを変えるといい方向へ進んでいくことが。

逆に興味がなく放置していたこともあり「ちゃんと勉強していたらな」と思うこともあります。

知っているか知らないか、で今後が大きく変わることだってあります。

10年くらいかけてようやく理解できてきたので20代の人に知ってもらいたくてまとめました。

考え方に柔軟性をもとう

今60代の人がもし20代の時と同じ考えのままな人はちょっと心配です。

時代が大きく変わっているにもかかわらず、そのまま同じ考えでいることは損をしていることもあります。

例えば、ガラケーをずっと使っていた世代なのでスマートフォンは使わず、ずっとガラケーのままでいる、とか。

本当に自分にとって不要な物であればスマートフォンを使わなくていいのですが、なんと言うか、周りの意見を聞かずに頑固な人っていますよね。

単純に機会損失が大きかったりします。

周りの意見や見られ方は気にしない

何故でしょうね、日本人は特に周りを気にします。

周りを気にしながら生きると、自分らしさが消えてしまう、と言うより

自分を隠して生きてしまう。

人にはそれぞれいいところがあってそれを生かして生きていった方が絶対いいのに。

自分に正直に生きているので毎日のんびり楽しく生きていけています。

お金の勉強をしよう

学生時代にバイトしていた方だとわかると思いますが、バイトでもらう給料は所得税が引かれます。

社会人になると所得税や年金など国や自治体に払わなければいけない税金の額が一気に上がります。

年収に対して所得税の率は変わりますのでこういった基本的な税金の知識は身につけておくべきです。

最低でも給料の1割は貯金しよう

ある程度の『貯金=現金』は確保しておいた方がいいです。

大人になると払いたくなくても絶対払わないといけない、予定外の出費がちょこちょこあったりするので、社会人になってお給料もらえるようになったところで、まずは毎月1〜2万円ずつとか貯めておきましょう。

1年目の貯金が重要

まずは1年目の目標金額を決めましょう!

MEMO
例えば10万円や20万円、まずは小額からでOKです。

あれもこれも欲しいものはあると思いますが、毎月の給料から先に1万円は貯金して、1年間は絶対使わないと決めましょう。

もちろん身の丈に合った金額内で楽しむべきだし、
いづれ自分は貯金した方がいいタイプとしなくていいタイプと
どちらか気づく時が来ます。

それまでは『自分のお金を管理する』って意味でも貯金してみて欲しいです。

いざ貯金しようとした時に 貯金するクセ がついていないときついので

初めから貯金のクセはつけておきましょう。

20代で資産1000万円を目指す

私がお金に関してよかったことナンバーワンは20代で現金1000万円をためたことです。

この現金のおかげで

万が一仕事がなくなっても数年は生きていける

安心が生まれます。

この安心は精神的な保険になります。

またこの現金を使って、29才で欲しい車、30才で中古戸建を購入しました。

30才で人生の大きな買い物と言われている車と家を買えたことは自分の自信につながります。

1000万円はためられない金額ではありません。

ぜひ現金1000万円の貯金を目標にして欲しいです。

投資を経験する

株を買うのはハードルが高そうとか怖いとか思われる人が多いかもしれません。

実はやってみるとネットから売買ができるし、小額から始められます。

まずは3万円くらいでやってみるといいのですが、

3万円が0円になることは稀です。

日経平均を気にするようになったり、四季報を見たり

世の中の流れに興味を持つことが第一歩です。

支出の管理する

今まで振り返ると無駄に買ってしまった物やサービスなどがあります。

私の場合、資格をとることに夢中になっていた時期があり、

資格取得のための教材やスクールを申し込んだことがあります。

結局、資格をとってどうするか?を考えきれていなかったので受験することすらなく、そのまま放置してしまったり。

MEMO
お金を払う前によーく考える

これって意外と簡単なようでめちゃくちゃ難しいです。

お金を使うことに対してハードルが下がってしまっているのでお金を使うことに対してきちんと向き合うことが大切だと思っています。

私の場合は、

お金は消費より、投資に使いたい。投資の配当を得たい

明確な目的があります。

ちゃんとした目的を設定しましょう。

目的があれば「少しくらいいいかな、、」とブレることはありません。

最後に

以上の事は学校で教えてくれたらよかったのになーと思い、記事にしてみました!

実行するかしないかは人それぞれですので一度考えてみるきっかけになればと思います!